うつ病などの心の病気を癒すのに期待できるような療法を紹介します

サイトメニュー

ぬいぐるみだから負担レス

聴診器

初めての病院だから不安感を解消

ぬいぐるみ療法は、精神科・心療内科の領域で、子どもの心のケアに用いることが多いようです。落ち着きがなく、自分の体を傷つけるなどの行動、注意欠如が問題になっていますが、様々な問題を抱えた子どもたちが医療機関を受診することは珍しくありません。専門医たちは、子どものうちに治療を施すことを推進しています。治療を受けないままでは、将来より多くの医療の手を必要とするかもしれませんから、幼少期に治療をするのが利に適っています。病院を苦手とするのも致し方ないとは思われますが、ぬいぐるみ療法であれば、克服できる可能性大です。本人が受診を嫌がるならば時間を空けることや、事前に興味を惹く内容の話をしてから受診をさせましょう。医師は、子どもの扱いに慣れていますから、来院してからは医師が本領を発揮し、ぬいぐるみを用いて心を解放させるケアに努めてくれます。小さなお子さんでしたら、お気に入りのぬいぐるみを持参するのも良いでしょう。ぬいぐるみ療法とは言っても、それだけで治せるワケではなく、どれくらいで完治するのかは、医師であっても断言はできません。しかし、確実に回復に向かうためには、継続性がカギですから、根気良く続けましょう。
原因が分からず、体や心が傷つくならば、精神科・心療内科に相談し、治療を受けましょう。なかにはトラウマに焦点を当てた治療として、ぬいぐるみ療法を取り入れたことで回復する人もいるようです。これまでは、障害の進行によって薬物療法や非薬物療法が行われていましたが、記憶を辿り、幼少期の問題が浮かび上がることもあります。患者さんは、ツラい体験から悲観的に捉えがちですが、楽観的に捉えさせられるのもぬいぐるみ療法の特徴です。例えば、興奮状態に陥るのなら、ぬいぐるみを撫でる、抱きしめるだけで一瞬にして消えるケースもあるようです。精神科・心療内科で治療を必要とする患者さんのなかには、人との交流が苦手、コミュニケーションの障害が重なっていることもあります。ぬいぐるみ療法での治療は、そうした発達障害にも本領を発揮します。機能性のあるぬいぐるみを用いれば、相手の表情や感情を読み取れるようになります。治療当初、視線が合いにくい人だったのが、視線を合わせてくれるまでに回復した事例もあるほどです。一人遊びから始めて、ぬいぐるみの数や種類を増やしながら、徐々に人の数も増やし、グループ治療へと参加できるまでに回復させてもくれます。