うつ病などの心の病気を癒すのに期待できるような療法を紹介します

サイトメニュー

ぬいぐるみでセラピー効果

悩む男性 不安や緊張を感じていたり、心に傷を持っている人には、ぬいぐるみ療法がお勧めです。ぬいぐるみを抱きしめたり、触れたり、話し掛けることで、セラピー効果が期待できます。インターネット通販や、大型ショッピングセンターなどで気軽に購入できます。

詳しく見る

メンタルケアに適した療法

カウンセリングを受ける男性 癒し効果が期待できる民間療法となるのが、ぬいぐるみ療法です。精神科・心療内科などでも、患者とのコミュニケーションツールとして使うことさえあるようです。多彩な種類のぬいぐるみから、その時々の症状や気分で治療を進めることができるのも特徴です。

詳しく見る

ぬいぐるみだから負担レス

聴診器 精神科・心療内科には、心の病気を治したい人が相談に訪れます。それは大人だけでなく、子どもも同じで、ぬいぐるみ療法という愛くるしさのあるぬいぐるみを用いた治療により、心身のケアができます。もちろん、必要となれば薬物療法なども併用されます。

詳しく見る

心をもっと楽にする方法

悩む男性 ぬいぐるみ療法は手軽に行うことができ、さらに薬のように副作用の心配がないということから注目されています。実際にぬいぐるみ療法は病院、カウンセリングルーム、さらに自宅でも行うことができるようになっています。

詳しく見る

癒やしを求めて

女性 ぬいぐるみ療法は視覚だけでなく触覚にも訴えて心を癒やす効果があり、うつ病の治療に効果が期待できます。ただしうつの発生原因を取り除くことはできないので、再発する場合には他の治療法と組み合わせることも必要です。

詳しく見る

精神的な病気の治療

悩む女性

精神面でプラスになる方法です

ぬいぐるみ療法とは、安心できる場所でぬいぐるみをなでたり抱きしめたりする方法のことで、これによってうつ病などの精神面での病気の改善に効果が出やすくなります。そしてこの場合はまずぬいぐるみをなでてから両腕でしっかりと抱きしめて深呼吸をしてみると、かなり気持ちが落ち着いてきます。さらにぬいぐるみに話しかけたり一緒に寝るようにしたりすると、この療法を頻繁に行いやすくなり、うつ病だけでなく人間関係での辛さなども軽減できる可能性が出てきます。また、話しかける場合には自分自身の不安などを投影してしっかりと抱きしめるようにすれば、精神面での効果が期待しやすくなるはずです。なおぬいぐるみ療法は精神科や心療内科などで勧められることが多く、そのようなところでやり方を教えられるとその病気に適した方法になりやすいでしょう。この場合のサービスとしては、それぞれの病気や症状などに合ったぬいぐるみを利用できるようにしてもらえるので、その点でもこの療法をやりやすくなるはずです。
ぬいぐるみ療法を行うと精神状態が落ち着いてくることが期待でき、うつ病などで気持ちが落ち込みがちになっている人の精神面での癒しが予想できます。また、ぬいぐるみを抱きしめることは自分自身を抱きしめるということにもなるため、その際に自分の辛い気持ちを語るとこの点でも癒し効果が出やすくなるはずです。そしてぬいぐるみに語る場合には、気を使わずに自分の言いたいことをしっかりと口に出せるのでその点でもしゃべりやすいと言えるでしょう。さらに子供の頃に家庭環境によってトラウマが生じ、成人後も悩みが続いているような「アダルトチルドレン」の場合にもぬいぐるみ療法はプラスになると考えられます。この場合には、ぬいぐるみ療法で使うぬいぐるみに幼少期の辛かった頃の自分を投影して抱きしめるようにすると、癒せる可能性が出てきます。なおアダルトチルドレンにはうつ病患者が多いと言われているので、そのような可能性のある場合には精神科や心療内科に行って病名を調べてもらう方が良いでしょう。